デイトレードで見えてくる銘柄のクセ

株式投資で利益を出し続けるのは難しいと思われがちですが、実はそれ自体はそれほど難しくないと思います。デイトレードはセンスが必要だと言われたりもしますが、それもやり方次第ではセンスはなくても何とかなるんじゃないかなと考えています。

デイトレードをする際は朝9時から昼の3時までのザラ場中に、気配値をチェックしながら取引を行います。その際に日頃から自分が注目する銘柄やニュースや業績修正などで値動きのありそうな銘柄などを中心に監視します。後者の普段はチェックしていないような銘柄の場合は、その銘柄の値動きのパターンなどを読み取るのは難しいですが、前者のような普段からチェックしている銘柄の場合それ独特の動きなど特徴を掴むことは難しいことではありません。

例えば、ある株価まで下がると非常に買い板が厚くなったり、逆にある水準まで上がると多少強引な売りが入るだとか、特徴的な買い板が出た後は一定の動きをするなどの様々なパターンが存在します。全ての銘柄で言えることではないかもしれませんが、私自身もチェックする銘柄では特定のパターンを発見していることが多く、その後ろ盾で思い切りの良い取引が出来たりすることもあります。

inserted by FC2 system