急落後に値を戻すとすれば大型株を狙う方が効率が良い

アベノミクスから日本の株は比較的安定した上昇傾向にありますが、それでも年に何度かは大きく急落する場面はあります。そして、上昇幅が大きい分下落する時の大きさやスピードも速くなる傾向があります。緩やかな上昇トレンドで少しずつ増やした資産をこの急落で一気に失ってしまったという投資家もいらっしゃると思います。

しかし、ピンチのあとはチャンスありというのは株式相場の中でも言えることだと思います。問題はそのチャンスを的確に手にする事が出来るかということ。今回は大型株の方がそのチャンスを掴みやすいんじゃないかという話をしたいと思います。

システムトレードが非常に大きくシェアを伸ばしているここ数年の株式市場では、ちょっとした相場のブレから自動売買のプログラムなどから一気に相場が傾くといった事が多々見受けられます。そして、上昇トレンドが安定している今ではそのトレンドが崩れた時に一気に下落が始まるといったパターンがほとんどです。

少し大げさな言い方をすれば、そういったシステムトレードが相場の動きを決定づけていると言えると思います。大手機関投資家の大きな資金がそういう動きを作っているということです。そうであれば急落のキッカケはそういう動きから始まりますし、逆に言えば戻すときも同じような事が言えると思います。

だとすれば、そういうトレードの入りやすいのが小型株よりも大型株だという事は明白です。小型の銘柄がいくら値を戻そうとも、大型のそういった銘柄が戻らないのであれば再びその値は下へと戻されます。ですから、急落から値を戻すタイミングを見計らう時には大きな銘柄の動きを見据え、そこからチャンスを見極める手法をとる方が効率は良いのではないかと考えています。

inserted by FC2 system