日経平均株価とTOPIXの違いを理解する

 株式投資で必須になるのが、日経平均株価という指数。株式市場の流れを表したものですね。同じようなものでTOPIXというのがあります。こちらも同じく日本の株式市場の流れを表したものです。ではこの二つの違いって何ですか?

日経平均株価とは
 日経平均株価は、東証一部に上場している約1,700銘柄の中から選ばれた、日本を代表する225銘柄で計算されています。
 そしてその225社銘柄うちいくつかは、毎年数回程度の入替があり、常に日本を代表する企業として注目度の高いものになっています。
TOPIXとは
 日経平均株価が東証1部の225銘柄を対象としているのに対して、TOPIXは東証1部の銘柄全てを対象にして算出されています。そして、算出される指数は時価総額です。

 この違いが日経平均株価とTOPIXの違いです。

 では具体的に投資においてどう違うのでしょうか。例えば、ある期間においての動きが、日経平均株価>TOPIXの場合、注目されているのは、東証1部の銘柄でもより世界からの認知度が高い・・・つまり輸出関連の銘柄が物色されているのがわかります。

 逆にTOPIX>日経平均株価の時は、対外企業よりも内需関連の銘柄が強いことがわかります。

 そういった動きから、どういう業種が注目されているのかを推し量るのは、とても重要なことです。

inserted by FC2 system