『株式投資>株式投機』という風潮に一言

 厳密には、長期間株式を保有して配当などのインカムゲインを主とする取引を「株式投資」、短期間で株価の変動によって生じる売買益を主とする取引を「株式投機」と呼びます。ただ、一般的には投資と投機は同じような位置づけで呼ばれることが多いので、株式トレードをする人をまとめて株式投資家として呼称されています。

 しかし同じように投資家と括られる両者ですが、企業の株を長期で保有してその企業の株式の一部を保有する投資家に対し、一か八かの短期の株の値動きで企業の株を売買するというイメージの投機家は下に位置づけられる風潮がありました。現在もあるかもしれません。

 その考え方は企業側から見た身勝手なもので株を保有する個人投資家にとってはどうでも良い古臭い考え方なんですね。というのは、投資にしろ投機にしろその企業が常に魅力のあるものであれば、何年でも保有し続けるからなんです。

 「株式」会社という組織において、企業と株主の関係はお互いのメリットの中で成り立つ契約なんです。しかも上場している企業の内情を、企業のIR以外では個人投資家は知る由なんてないんです。

 そういう意味で、「投資家>投機家」という考え方は間違っていて、常にリスクと戦う株式トレーダーにとっては、投機を主体にしたトレードを行いつつ、稀に素敵な企業を見つけたら投資をすれば良いんだ・・・と私は考えます。

 ちなみに、記事内では投資家も投機家もひっくるめて”投資家”として記述しています。

inserted by FC2 system