臆病な人の方が株式投資に向いている

 投資を始めるにあたって、もっとも必要なことはリスク管理です。大きな利益を偶然に数回ゲットするよりも、大きな損失を出す可能性を常に抑える方がはるかに大切な要素です。仮にその大きな利益を得た時点で投資を辞めるなら別ですが・・・そんな人はいないですよね。

 どれだけ大きな利益を出そうとも、それと同じくらい大きな損失を出してしまう可能性があるのであれば、安定した投資は出来ません。利益率は低くても、損失を最小限に抑える技術を持たなければ株式市場で長い間生き残ることは出来ないのです。

 そういう意味で、積極的に大きな利益を取りに行く勇敢な人よりは、あらゆるリスクを想定してリスクを感じたら潔く逃げることの出来る臆病者の方が、投資家として優秀な資質を持っていると思います。

 ちなみに『リスク管理』とは具体的にどういう技術かといえば、『損切り』と『分散投資』です。

  損切りとは、保有している株がある一定の基準まで下げた時に損失を覚悟で処分することです。自分が信じて買った株が下げると、潔く処分するのはかなりの覚悟が必要です。取引に自信を持っている人なら特に。だからこそ、多少臆病な気質を持っている人の方が、損切りをする決断を素直に受け入れやすいんですね。

 また、分散投資は投資資金を複数の銘柄に振り分けて行う投資手法です。これもまた、何が起こるかわからない株式市場では必要な要素です。安定株と言われる東〇電力ですら、ああいう事故が起こる世の中ですから、集中投資は危険極まりない手法と言えるでしょう。

 このように常にリスクを考えて行動できる良い意味で臆病になることは投資において大切な要素なんです。

inserted by FC2 system