空売りした銘柄は絶対に持ち越さない

 空売りは信用取引を用いた投資手法で、本来は株式は「買ってから売る」のが常識ですが、空売りでは「売ってから買う」という取引を行います。

 その結果、上昇する株式を予測するだけでなく下落する株式を予測した売買も行えるのでチャンスは倍になるんですね。だけど、その空売りには相場の特性上、気を付けなければならないことがあります

 それは、この記事のタイトルにあるように空売りした株式の持越し時に潜む危険性です。

 企業のIR情報や外部要因が株価に与える影響は時にとてつもなく大きなものになります。そのほとんどが「いつ、どういった内容」かは予測出来ません。しかし、そういったIRや外部要因を受けた時に株価の動く性質は予測しなければいけません。

 その性質とは、株価は突然2倍には上昇するが、ゼロにはならないということです。突然といっても、日本の株式市場には値幅制限があるので1日で2倍になることはほぼありませんが、特別気配で寄り付かずに2倍になることはそう珍しいことではありません。つまり、買い戻したくても買えない状態で2倍まで株価があがるんですね。

 この2倍になるというのは、空売りをしているとどういうことになるのか。そうです、投資資産を全て失うことになるんです

 これはとても恐ろしいことですよね。倒産する企業でも上場廃止になる企業でも突然株価がゼロになることはありません。だから普通はいきなり投資資産を無くすことは、ほぼありえないんです。にもかかわらず、空売りはその可能性を限りなく持った投資手法なんですね。

 これが、空売りした銘柄を絶対に持ち越さない理由です。

inserted by FC2 system