下落相場では空売り主体に

 空売りは本来、色々なリスクが高いために中長期投資ではお勧め出来ませんが、 デイトレードの場合、逆日歩もかかりませんので有効な手段の一つとなります。

 株式相場を大きなスパンで見ると、上昇相場と下落相場を繰り返しています。 そのため、普通に買いだけで投資をすると利益を出しやすい時期、出しにくい時期があります。

 しかし、下落相場でも効率良くデイトレードをするために、空売りの出来る貸借銘柄で取引をすれば、下落相場でも 上昇相場と同じように利益を上げる事が可能になるのです。

 また、株式を金額に関わらずどうしても買いたいという人は少ないと思いますが、株式を保有している場合 ロスカットやリスク回避の動きから、ある程度の損失までなら売ってしまおうと考える人も少なくありません。 そのため、下落相場ではそういう動きが多くみられるために、それほど値動きが激しくない銘柄であっても 突然大きな売り板が出てきたり、成行きの売り物が入ることも多くあります。

 そういう意味で下落相場はコンスタントに空売りで利益を出すチャンスにもなり得ます。 大きなトレンドに逆らわず、下落相場では買いだけではなく、売りからも利益を出せる投資を心掛けましょう。

inserted by FC2 system