投資スタイル

デイトレード
 デイトレードは、1日の内に売買を完了する投資手法のことで、大きな利益を上げる専業トレーダーも多く存在します。
デイトレードに向いている人
 デイトレードでは、取引時間の9:00〜15:10までの間に売買を行う必要があるため、その時間に自由に動ける人でなければいけません。 そのため、専業でデイトレードをしているトレーダー、夕方もしくは夜に働いている人、主婦で比較的時間の余裕のある人などが向いています。
利益率は
 取引時間中に立ち合えるのですから、当然利益率は高くなります。 例えば、1日1%の利益率でも月に20%、年間8倍に資金を増やすことも出来ます。
スイングトレード
 一回の取引を2,3日から1週間程度で終わらせる短期取引の投資手法の一つです。
スイングトレードに向いている人
 スイングトレードでは、短期的な相場観が重要です。 取引時間中には仕事で立ち会えなくても取引は出来ますので、あらゆる人に向いている取引手法です。 また、休日が平日の社会人にもっとも適しているでしょう。 また、短期的な取引のためテクニカル分析の得意な人に向いています。
利益率は
 スイングトレードの場合、日中に取引に立ち合えないために、デイトレードに比べ利益率は落ちるとは思いますが、 堅実な取引としっかりしたテクニカル分析で勝率を上げれば、年間2,3倍に資産を増やすことも十分可能です。
長期投資
 数か月から数年にかけて株を保有し利益を得る投資スタイルです。
長期投資に向いている人
 長期投資はファンダメンタルを重視した取引を主体にします。 そのため、配当や優待などのインカムゲインも期待した投資になりますので、 投資した企業を純粋に応援したい人や、余裕資金の多い人などが向いているでしょう。
利益率は
 長期投資では前者の取引スタイルに比べると利益率は下がるでしょう。 しかし、ファンダメンタルが健全で、配当率の高い銘柄を選んで投資すれば、損失を出す確率はぐっと下がります。
inserted by FC2 system