日経平均株価と為替の関係

 株式投資をする上で、切っても切り離せないのが、為替です。 為替とは、2カ国間の通貨の価値を比較するもので、有名なものだとアメリカドルと日本円があります。

 では、この為替はどういった具合に株式市場に影響を与えるのでしょうか。ここではそれについて解説したいと思います。

円高ドル安/円安ドル高

 「円高ドル安」、「円安ドル高」という言葉は為替で良く聞く言葉です。

円高ドル安の場合の株式市場
 円高ドル安が進むと、ドルに対して円の価値が上昇します。 例えば1ドル100円から1ドル80円になれば円高ですね。 ではこの状況の変化は日本の株式市場にどういう影響があるのでしょうか。
 日本の産業は輸入よりも輸出が主流です。 例えば自動車、精密機器、機械製品など技術面に優れた製品を多数海外に輸出しています。 上記の例のように円高が進むとなると、同じ100ドルで販売していたものでも、日本円にすれば10,000円の価値があったものが 8,000円でしか売れなくなるのです。
 そうなると、日本の企業は大きく利益を押し下げることとなり、結果的に輸出をメインとした企業は株価を下げることとなります。 また、そういう大手の輸出関連企業の株価が下げれば必然的に、他の企業の株価にも影響を与えます。
円安ドル高の場合の株式市場
 この場合は円高ドル安の場合と逆の作用が起こります。 そのため、輸出関連銘柄を中心に株価は上昇し、株式市場に良い影響を与えます。

 この為替の影響は何もドル円に限ったことではありません。 ユーロであっても中国元であっても、輸出をメインにしている日本には円の価値が上がるというのは、市場には厳しい状況になるのです。 円の価値が上がるにも関わらず、経済は減速するというのは皮肉な話ですね。

inserted by FC2 system