テクニカル分析とは

 テクニカル分析とは、過去の値動きやデータから、これから先の相場展開を分析することをいいます。 投資においては先を読む能力が、直接的に利益に繋がりますので、このテクニカル分析による投資判断は、全ての投資家にとってなくてはならないものです。

 特に数週間から数か月程度の短期投資には、ファンダメンタルよりもテクニカル分析を重視します。

テクニカル分析の分類

 テクニカル分析はその性質から大きく2種類に分類されます。 「トレンド系」と「オシレーター系」です。

トレンド系テクニカル分析
 トレンドとは相場の方向性のことです。 株価は上昇、下降、長期、短期に関わらず、その値動きは波のように動きます。 このタイプのテクニカル分析はその波の動きを読み取る分析手法です。 主なものに次の指標が挙げられます。
・移動平均線
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・パラボリック
オシレーター系テクニカル分析
 オシレーター系は、現在の株価が買われ過ぎか、売られ過ぎかを判断するための分析手法です。 主のものに次の指標が挙げられます。
・RSI
・RCI
・ストキャスティクス
・MACD
inserted by FC2 system