仕手株

 仕手株とは、特に理由も無く株価が極端に動く銘柄のことです。 1、2カ月といった短い期間に、株価が3倍にも4倍にもなったりすることもあります。 株価の急激な上昇には、業績の上振れ期待や新規事業の立ち上など何かの材料があるのが一般的ですが、仕手株にはそういった材料があるわけではありません。 しかし、上がる理由は単純で「単に需要が増えただけ」です。 つまり、買いが極端に増えたのです。

なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

仕手株の仕組み

 このような仕手株の動きを作り出す人たちを仕手筋と呼びます。 彼らは意図的に特定の株をあるラインまで徐々に買い上げます。 そしてその後一気に株価を吊り上げた後、上昇している間にこれまで仕込んだ株式を売り抜け多額の利益を上げるのです。

 仕手筋以外の投資家も、仕手株の動きを見て利益を出せると判断すれば、どんどんその仕手株に参入します。 そうなることで仕手株は大きな相場へと変化していくのです。

 もちろん、動きを作り出した仕手筋も、他の投資家も大きなリスクを伴って取引をしています。 仕手筋は仕入れた大量の株を仕入れ値以上で売らなければ大損害ですし、参入した投資家も同じく激しい動きの中で上昇を見極めて売り抜けなければいけません。

 下のグラフは2011年12月の新日本理化(株)の株価チャートです。 某仕手筋か介入していると噂されている銘柄ですが、現在進行形で株価の上昇が続いています。 10月末からわずか2カ月で株価は3倍にも上昇しています。

 こういったチャートを見るととても魅力を感じますね。 こういう仕手株ばかりを狙った投資家もいるそうですが、投資は自己責任で行いましょう。

(約定日と受け渡し日)前ページ← ホーム →次ページ(投資スタイル)
inserted by FC2 system