日経平均株価

 日経平均株価(日経平均)は日本の株式市場を代表する株価指数です。 東京証券取引所の一部に上場する銘柄のうち225銘柄を対象として算出する株式指数です。 指数算出の対象となる225銘柄は流動性・業種セクターのバランスを考慮して選択されていて年に何銘柄か入替を行うことで株式市場の動向を敏感に伝えます。

 この指数は、日本を代表する企業の値動きを表していますので、国内外の投資家にもっとも重視されています。

TOPIX(東証株価指数)

 東京証券取引所の一部上場銘柄を対象として、同取引所が毎分、算出・公表している株価指数のことを言います。 1968年1月4日の東証第一部上場株の時価総額を100として算出しています。 日経平均株価と比べ、特定の株式の影響は受けにくく東証一部の全ての銘柄を対象としています。

 基本的に日経平均株価が強く、TOPIXが弱い時は主力株が買われ、逆の場合は主力株が弱く中小型株が買われていると判断します。

東証マザーズ指数

 東証マザーズ指数は、新興企業向けに東京証券取引所が開設している東証マザーズに上場する全銘柄を対象とした株価指数です。 基準日である2003年9月12日を1,000ポイントとして、現在の時価総額がどの程度かを表しています。 算出方法はTOPIXと同様の計算方式で行われています。 東証1部2部銘柄と新興銘柄であるマザーズは日によっては全く異なる動きをしますので、どういう銘柄が買われているのかを 見極めるにも重要な指数の一つになっています。

ジャスダック指数

 ジャスダック指数は、大阪証券取引所が運営するジャスダック市場の全銘柄を対象とした株価指数です。 1991年10月28日の午後3時における時価総額を基準(100.00ポイント)として、毎日の時価総額を指数により算出され、 基準日の時価総額と比較して、どれくらい変動したかを見ることができます。 こちらもマザーズ指数同様に新興市場を見極める指数となっています。

(投資スタイル)前ページ← ホーム →次ページ(順張りと逆張り)
inserted by FC2 system