決算書の読み方1

 決算書を見てみると、難しい文章と数字で何ページも記載されていて、とても予備知識なしでは正しい判断は出来ません。 ここでは、決算書について要点をまとめてみました。

 決算書の要点は大きく分けて次の三つに分けられます。

  • ・貸借対照表
  • ・損益計算書
  • ・キャッシュフロー計算書
貸借対照表
 貸借対照表は、ある時点で会社の財産の状況を記した計算書です。 すべての資産・負債・資本の有り高を記載し、一覧できるように表示しています。 バランスシートとも呼ばれています。
損益計算書
 一会計期間における企業の経営成績を明らかにするために作成される計算書です。 期間内のすべての収益とすべての費用を記載し、それらの差額として損益を表しています。
キャッシュフロー計算書
 企業の一定期間の現金収支(キャッシュフロー)を記した計算書です。 内容は、「営業活動による現金収支」、「投資活動による現金収支」、「財務活動による現金収支」の3種類の収支を表しています。

 次のページからは、それぞれを掘り下げて解説します。

(決算書の読み方)前ページ← ホーム →次ページ(貸借対照表とは)
inserted by FC2 system