恐怖指数(VIX指数)

投資家の恐怖感を表すとも言われるVIX指数は、「ボラティリティ・インデックス(Volatility Index)」の略称で、 アメリカの主要株価指数の一つである「S&P500」を対象とする オプション取引の値動きを元にシカゴオプション取引所が算出・公表している指数です。

ボラティリティとは、相場の値動きの大きさのことで、値動きが激しいほどボラティリティの数値は高くなる傾向にあります。

一日の始値と終値の差が同じでも、日中の動きが大きいほどボラティリティは高くなります。

ただ将来のボラティリティは実際にはわかりません。そこで、取引されているオプションの価格から、逆算して求めたものを 投資家が予想する将来のボラティリティと考えます。

もし逆算されたボラティリティが過去の水準に比べ高くなっていれば、「投資家は将来相場が大きく動くと予想している」と考えることができるので、このボラティリティを用いて算出されたVIX指数は投資家心理を表す数値として利用されています。

基本的にS&P500の動きとVIX指数の動きは逆相関の関係にあります。

つまり、相場が安定している時はボラティリティは低くなり、相場が崩れた時ほど投資家の不安心理からボラティリティは大きくなるという事になります。

こういった点から投資家の恐怖感と連動するということでVIX指数は恐怖指数とも呼ばれているのです。

inserted by FC2 system