決算と業績

決算とは
 企業が一定期間(通常は1年)の経営成績や財務状況を報告することを「決算」といいます。 その期間を4月1日から翌年の3月31日としている場合は、3月を「決算月」と呼びます。決算月は企業によって様々ですがほとんどの企業が3月決算としています。また、例外的に決算月を変更する企業が1年にみたない期間を「一期」とする場合もあります。
 決算は会社の成績表のようなものですので、投資家は会社の決算発表をもとに投資先を決定します。 決算は年に一度の「本決算」の他に「中間決算」と「四半期決算」があり、3カ月ごとに会社の業績の進捗率や状況を開示します。
決算発表の時期
 決算や四半期決算の時期は3カ月ごとになっていますが、その発表の時期は企業によって異なります。 おおよそ、決算時期から2か月程度後に発表となりますが、企業によって遅い早いがありますので、予定日や例年の発表時期と照らし合わせてください。
 また、企業の決算内容は東証が運営する「適時開示情報閲覧サービス」で開示しています。
ホーム →次ページ(決算書の読み方1)
inserted by FC2 system