取引時間と営業日

 日本の主な取引市場は東京証券取引所と大阪証券取引所です。 どちらの市場も11時30分〜12時30分の1時間の昼休憩をはさんで、前場と後場にわかれています。

取引時間
東京証券取引所 前場 後場
東証1部
東証2部
マザーズ
9:00〜11:30 12:30〜15:00
大阪証券取引所 先物・オプション 投資信託
大証1部
大証2部
ジャスダック
9:00〜11:30 12:30〜15:10

 このように大阪証券取引所の方が後場の取引時間が10分だけ長くなっていますが、基本的には変わりません。また2011年11月までは前場の取引時間は11:00までとなっていました。

営業日
 では営業日はどうなっているでしょうか。 基本的には土日祝日を除く平日は営業しています。 お盆休みはありません。 しかし、年末年始だけは特別時間になります。毎年12月30日が営業日であれば、その日が大納会と呼ばれるその年の最後の営業日となり前場で終了します。 年始は1月4日が営業日であれば大発会とよばれ、前場の取引だけで終了となります。
(株式投資の税金)前ページ← ホーム →次ページ(気配値と指値・成行注文)
inserted by FC2 system