NISA(少額投資非課税制度)

 2014年から日本版ISAといわれるNISA(少額投資非課税制度)と言われる制度がスタートします。 NISAとは、株式や投資信託などの新規購入分を対象に、その配当や譲渡益を非課税にする制度です。 毎年100万円を上限として最大で5年間有効になります。

 本来は株式や投資信託などから得られた配当や譲渡益は所得税や地方税の課税対象として利益の20%が課税されますので魅力的な制度であると言えるでしょう。

NISAの注意点

口座選びは慎重に
 NISA口座は通常の株式投資や投資信託の口座とは別で口座を開設しなければいけません。 通常の口座であれば複数の会社で開設することが可能ですが、NISA口座の場合は一つの会社でしか口座を開設できません。 そのため、会社によってもサービスの内容や扱う商品が若干異なるために最初の口座選びは慎重にしなければいけません。 また、一度口座を開設すると別の会社には変更できないことも注意しなければなりません。
新規購入額は年間100万円まで
 NISA口座による取引は新規投資額で年間100万円までしかできません。 そのため、一度100万円の株式や投資信託を購入して売却したとしても、その年度においては再び売買をすることは出来ません。
他の口座との損益通算が出来ない
 NISA口座で損失が出た場合、通常の口座との損益通算は出来ません。 たとえばNISAで10万円損失があり、通常の口座で10万円の利益が出ていたとしても損益は相殺されずに通常口座の利益に対しての課税のみ行われます。
inserted by FC2 system